道化師の涙


新井田耕造さんを囲む会を勝手に発足(トップ固定)。

*普段の記事は、この記事の下から
 続いております。*




コーちゃん(新井田耕造さん)について、トップ固定記事を作ることにしました。

(私的なもので、オフィシャルでもなんでもないので、そのへんご理解いただけますよう
 お願い申し上げます。ここはHPじゃなくてブログですし・・・・・・・。
 新井田さんの許可はいただいています。)




何故かというと、うちのブログの検索キーワードに常に「新井田耕造」が入っている&
オフィシャルHPができる以前、グーグル検索するとここが常に上位に出ていたから
です。
(*今は、オフィシャルもできたし、そんなこともなくなりました。*)



因みに、オフィシャルはこちら ↓ 。

新井田耕造オフィシャルHP
(↑クリックすると飛びます。)


ライブ情報は勿論、コーちゃんのブログもあって、ファンの方は必見!
貴重な写真も満載です。


 


と、いうことで、今後のライブ情報はオフィシャルHPでバッチリわかります。
どうぞオフィシャルに行かれてみて下さい^^。


(*このトップ記事は、まだオフィシャルHPがなかった頃、ライブ情報を載せたり
   するために作りました(で、当時は載せていました)。*)







   *普段の記事は、この下から普通に続いています。コーちゃんファンじゃなくて
   うちに来ていただいている皆様は、普通にこの下からいつも通り見てやって
   下さい^^。よろしくお願いします。*
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2017-12-31 22:59 | 音楽いろいろ | Comments(3)


健ちゃんの影響力。

久しぶりにブログを更新しようと更新画面を開いて、アタフタしております。

ああ、こんなんだったっけ。




さて、オリンピックが近づいているようです。

大体いつも、知らない間に開会式が終わっていて、知らない間に閉会式が
終わっている、そんな感じです。
(翌日のニュース等で見て、「始まったんだねえ」という感じ。)




今年もそんな感じだろうと思っています。







と、そこにニュースが。


Eテレのリオパラリンピック番組に手話ナビゲーターとして三宅健ちゃんが起用。




何を隠そう、健ちゃんの影響で手話を始めて3年目のびーとです。
健ちゃんが「みんなの手話」のナビゲーターを勤めている年数と同じです。
ええ、ミーハー(というかファン魂??)です。




とはいえ、地元の手話サークルに入って、結構ちゃんと(?)勉強しています。


と、いうのも、「みんなの手話」を見始めて、面白そうだなあと思って、放送1回目にして


「で、私の名前って手話でどうやるの?」


という壁にぶつかり・・・。




こりゃ実地で勉強しないと永遠にマスターできないな。





と、ちょうど引っ越してきたばかりということもあり、近くの公民館で活動している
手話サークルに早速問い合わせ、そうしましたらなんとも幸運なことに、とても
通いやすい環境だったのです。



と、いうわけで、手話サークル歴もかれこれ3年。

サークル内での「みんなの手話」宣伝もぬかりありません。
(ベテラン手話通訳士さんから初心者の方にまで、健ちゃん宣伝。)



なかなかペラペラになれませんが(健ちゃんは、すごい・・・)、教えに来てくれている
先生(聴覚障害の方たちで、会社員をされながら手話サークルにはほとんど
ボランティアで来てくれています)たちに本当に恵まれ、


「間違えていてもなんでも、とにかく先ずは通じればいいんだから。
 お喋りしたいっていう気持ちが大事」



と言って頂き、図々しい私はジェスチャー筆談指文字なんでもとりまぜ、楽しく
コミュニケーションしています。




*しみじみ実感しているのが、いろんな方と知り合いになりましたが、
 障害があろうとなかろうと、できた人はできた人だし、嫌な人は嫌な人。
 当たり前のことなのですが、そうだよなあって思っています。*







こんな人、全国に多いのではないかしら?


「みんなの手話」で3年連続ナビゲーターを勤めているっていうのも、
健ちゃんの影響力恐るべしってところだと勝手に思っています。





興味がある新しいことを学ぶのは楽しいし、もっと話せるようになりたいなあと
どんどん思っていくものです。





ので、今年は、手話の勉強を兼ねて、健ちゃんのパラリンピック番組を
見てみようかなあと考え中です。











手話じゃなくてもスポーツのルールとかをほとんど知らないので、
通訳の通訳が必要になるかも・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2016-08-04 11:21 | V6 | Comments(0)


祝・20周年!!

おめでとう!!!20周年!!!!!


b0049232_1042582.jpg



2年ぶりの代々木第一体育館。

今回も、しっかり行って参りました^^。





ここのところ、細かい落ち込みが続いていて、ちょっと元気と自信を
失っていた私ですが・・・・・・




メインステージ目の前の、アリーナ最前列の席(!)という
プレゼントがV6から届きまして!




ええ、ええ、もう、小さいことなんかど~~~でもよくなりました!



V6を好きになって早、約20年。

コンサートに行くようになって10年。
(思えば、初めて行ったコンサートが10周年記念コンサートでした。
 (しみじみ・・・))



V6を好きになって、良かった!

V6が居てくれて、良かった!!

ちょっと泣きそうになったよ(T T)。

V6を好きになった私にバンザイ。




ありがとうV6、おめでとうV6、今が一番素敵な6人だと思う。
今までだって素敵だったけど、いつも、「今が一番だなあ」と
思わせてくれるのは、すごいことだと思う!!

これからもっとずっと素敵な6人になっていくのでしょう^^。
楽しみです。


なんて素敵に、なんて楽しそうに笑っているV6。
この6人が、V6なのです!
私がここで詳しく説明するまでもありません。
この6人だったからこそ、ここまで来て、今こんなに素敵なのだろう。







そして、いつもいつも付き合ってくれるS冨、今回出てきてくれたくるみ。
今回は残念だったけど、おだんごやMニャ・・・。



かれこれ30年近い付き合いになる私たち、V6に負けないくらい、
これからも末永くよろしくね~!!







ああ楽しかった。
今も残像がちらついちゃうくらい、間近でV6を堪能しました。






V6が、ここのところ低迷していた私の周りの流れを、全部吹き飛ばして
いい流れに変えるマジックを使ったのではないかと思うくらい、

 「私は本来、ちゃんとした人たち(当たり前のことを当たり前にできる
  人たち)に囲まれている幸せ者なのだ」

ということを思い出せることが続きました。
(最近、ありえないくらいルーズな人たちに振り回されて、自分が
 間違えているのではないかと思うくらい自信を失っていたのです。
 時間を守るとか連絡を聞くとか確認作業をするとか、そういうことって
 間違えているのかしら・・・・・?と。そんなわけないよ私ー!!)







久々の東京も、楽しかった!
















が、しかし、山手線に乗った途端、足全体怪我して傷だらけ血だらけ
になってる女の子がいて、思わず、大丈夫?!と声をかけそうに
なってしまった、人騒がせなお祭りの日だったので・・・・・・・・・・・
(ジャックの日はこんな日ではない筈なので、
 「いい年してもやっちゃうぞ・秋の大仮装大会の日」
 で合ってるかな?
 幕張メッセとかを貸しきってやればいいのにね・・・・・・)



本当にいるんだなあ・・・とビックリしたよ・・・・・・
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2015-11-02 11:14 | V6 | Comments(2)


忌野清志郎ロックン・ロール・ショーThe FILM#1入門編

観てきました。




始まる前、パンフレットを読みながら、既に涙ぐみ。

オープニングの復活祭「よぉーこそ」で、涙が滂沱と流れ。



その後二時間、ほぼ泣きながら画面を凝視していました。

映画館、ガラッガラだったので、心おきなく。




言葉にするとすべて薄っぺらくなってしまうのだけれど、




 復活したのに



 初めてお小遣いで買ったCD(レコードじゃなく)は
 「レザー・シャープ」だったんだよな
  (あの、重い音・清志郎の声にビックリして、
   なんてかっこいいんだ!!と思った。)



 RC、もっともっとライブ行きたかった



 なんてみんな楽しそう。RCメンバーも、ブルーディホーンズも、
 ナイスミドルも、
 書ききれないけど、他もみんなみんな・・・



 清志郎はずっとずっと変わってない、ずっと同じことを歌ってる。
 


 復活したのに(要所要所で出てくるのです)



 清志郎は、やっぱり、5人のRCとブルーディホーンズ、みたいなバンドが
 好きだったんだなあ
 もっともっと、やりたかっただろうに
 ナイスミドル、良かったのに
 (そりゃあ、RCが再結成になれば勿論飛び上がるほど嬉しかったけれど)



 若い時はわからなかったバラードの歌詞が、心に響くよ



 ああ!ここにいたのに。私もいたのに、この野音に、この武道館に



 今の映像リマスター技術は素晴らしい、でも、だけど、やっぱり生の音では
 ないんだ
 これじゃ、足りない、というと言葉が違う、とにかく、違うんだ
  (思いがけなくこのことがとても哀しかった。)






 「また会おうぜー!!」・・・・・・・清志郎、会いたいよ

 







忌野清志郎に、RCサクセションに出逢って、一目惚れして、その後もずっと
ファンでいること、それだけで人生誇ってもいいかも、と改めて思いました。



RCサクセションみたいな特別でカッコイイバンドには、その後出逢えていないし、
この後も出逢えない気がします。
でも、いい。
私にはRCサクセションがあるから。



あと10年早く生まれて、もっともっとRCのライブに行きたかったけれど、でも、
ちょっとだけでもRCの、そしてその後は清志郎のライブに行けて、
生であの空気の中にいられたこと。

それはなんて幸せなことなんだろう。




ちょっと泣いちゃうかも、とは思っていて、でもまさかこんなにずっと泣きながら
観るとは、自分でも驚いてしまった。
青山斎場でもこんなに泣けなかった。
あの時は、呆然としていた、というほうが正しいので、涙を流せなかった。

今、やっと、こうして涙をボロボロと流すことができて、それで、やっとやっと、
心の整理がついたというか、なんというか、そういうことなんだろうと思う。



清志郎が亡くなってしまった時は、ファンではない周りの人が大騒ぎしているのが
透明の膜を通して見ているようで、変な感じだった。
マスコミなんかが言ってることも、的外れなことばっかりで(そうではないこともあったけど)
何言ってるんだろう?と思うことがほとんどだった。
ファン友達は、きっとみんな呆然としていた、だから表面上はとても冷静だった。
 (*誤解を招く記述かもしれません、でも敢えて言いたかった。
   当時は言えなかった。
   「ファンではない」って言い方は適切ではないかもしれません。
   説明が難しいですが、CD買ったりライブ行ったりしていない人たち、
   でも清志郎いいよね、って言ってるような感じの・・・
   病気になった後なんて、特に。
   ・・・・・・・伝わるといいのですが。*)






今、この映画を、一人で観たことは、私にとって、とても大きな意味が
あったのかもしれません。
この映画を残してくれて、ありがとう。





あまりにも泣いてしまって、帰りの運転危ないことこのうえなかったので、
ちょっとクールダウンしようと、RCファン仲間の方々に、興奮冷めやらぬ
メールを送りつけてしまったこと、お詫びすると同時に、居て下さっていることに
感謝します。
この部分を共有できること、素晴らしいよね!ありがとう。










そしてとても清清しい気持ち。


毎日がブラン・ニュー・ディ、笑顔で生きていこう。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2015-02-22 08:47 | RC | Comments(8)


健康な一年を!

あけましておめでとうございます。


b0049232_847597.jpg





大寒波に度々襲われている日本列島ですが、いかがお過ごしでしょうか?




皆様が、健康に笑顔で一年過ごせますよう、お祈りしております^^。

今年もよろしくお願い致します。













果たして今年いくつ記事を投稿するやら・・・(笑)。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2015-01-08 08:50 | 雑感 | Comments(0)


アレコレ♪

普段買わないブレンディスティックを4箱も買ってしまいました♪
(「ふたつで一枚ってことは、よっつ買ったら二枚頂けますか?」
 と店員さんに確認してしまった私。恥ずかしいのと嬉しいので赤面しました(*^^*)。
 スーパーでときめいてるおばちゃん(笑)。)

飲んでます。


何枚あってもウキウキですから、普通にAGF商品を買ったらついてきたけど、
ファイルはいらないよ~という友人たち、どんどんびーとに送るように(誰に命令?)。







AGFさん、ナイスキャスティング。
「茶」ーんと、踊らされておりますっ!!
茶かもとくんに淹れて欲しい♪(妄想中)

余談ですが、最近ますます敦士くんが坂本くんに似てきたような・・・
(イノッチ、そこ突っ込んで!!)













20周年、来年は、コンサートありますように、V6!!
(変わらずバリっとファンですよ~!)
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2014-11-29 12:50 | V6 | Comments(4)


網戸に蛍。

今年の夏。




網戸に蛍が止まっていました。




b0049232_11584915.jpg






網戸に止まってくれちゃったりする虫なんだねえ~・・・。
(二夜連続で発見。)


うち、外、真っ暗だなあ・・・・・(笑)。




こんなに近くで見たのは、初めてでした。











おかしな気候が続いております。




各地の皆様が、ご無事でいらっしゃいますように・・・。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2014-08-22 12:03 | 信州の日々 | Comments(2)


オーケンの野望。

近頃、歌詞の字幕が出て、映画館とか大きな会場とかで、映画と
一緒に歌うのが流行っているそうで。
(ディズニー映画の力ってすごいですね。)





急にどうしたんだろねー?

とニュースを見ながら話していたら、旦那が、

印度みたいになってきたってことじゃない?




ああ、確かに、「踊るマハラジャ」状態だ!
(印度の映画館は、一緒に歌って踊って楽しむそうですね。
 今でもそうなのかな??今は違うのかもしれませんが・・・。)










てぇことは、筋肉少女帯の「日本印度化計画」が、ここにきてやっと
実現の運びになってきたってことですね。






うむうむ、なるほど。(っていう納得でよかった?)
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2014-04-18 11:43 | 雑感 | Comments(2)


あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。







更新しているんだかしていないんだかよくわからないブログになりつつありますが、
今年もよろしくお願い致します。






皆様のご健康とご多幸をお祈りして・・・

一年、笑顔でいられますように!!
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2014-01-06 10:06 | 雑感 | Comments(6)


憂歌団の再始動。

憂歌団が、本格再始動されるそうですね。
憂歌団ファンの方々は、待ちわびていらしたことでしょう!
(「島田和夫祭り」、素晴らしく楽しいものだったようです^^。)





そして、そして、なんと!
我らがコーちゃん、新井田耕造さんが正式メンバーとして加わるそうです。


コーちゃんのライブ、西が多くなりそうだなあ~・・・
(って、ここ数年全然ライブ行けてなくて淋しいことこのうえなしなのですが・・・)





憂歌団、信州温泉ライブツアーがあることを祈ろう!
(憂歌団、人気あるからチケット取るの大変そうだ・・・)












あるかなあ・・・・・・・・・・・(コーちゃん、お願いっ!)。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2013-12-10 10:52 | 音楽いろいろ | Comments(4)


久々のライブ!

ご無沙汰しております。
クタクタヘタヘタしていますが、元気です。



クタクタヘタヘタということで、心のチャージをしに、ライブハウスへ。


b0049232_13414517.jpg



  ホントにもう、いつもバッチリのタイミングで逢いに来てくれる梅津さん・・・・・
  (いや別に私に会いに来てくれてるわけじゃないんですけど。)

  去年は、タイミングが合わなくてライブも行けず仕舞いでしたが、良かった!
  久々に行けました!




「路地裏のマタハリ」というお店のために結成されたバンドなのだそうで、
一昨年にこまっちゃのライブに行った時も宣伝されていたのですが
実際ライブに行ってみたのは初めて。
会場、マタハリじゃありませんでしたけど、大変盛り上がっておりました^^。
(バイオリンの壷井さん、もんのすごいテクニックでびっくりしました・・・
 あれくらい弾けたら、楽しいだろうなあ・・・)



久々の梅津さんサウンド、久々の生音、久々のライブハウス。
(東京のライブハウスと違って、「いつも顔を見かける常連さん」に会えないのが
 淋しいところ・・・)
久々の夜遊び、翌日グッタリ(切な過ぎ(笑))。


でもでも、やっぱり音楽はパワーです。
心のチャージ、できました!
しんどいことは、無理すんなー!(*グループ違い*)




梅津さんともお話できて、名乗ったらちゃんと思い出して頂けて、
本当に光栄の至りです。
今や、人生のほとんどに梅津さんの音楽が常に傍らにある私ですが、
それを改めて誇らしく思います^^。





さてさて、近々大きな動きがある我が家です。

急にバタバタ忙しくなっていますが、前向きバタバタなので元気に
乗り切りたいと思います。
(このタイミングで心のチャージに来てくれた梅津さんに、心から感謝!)






梅雨入りした途端に暑く晴れた日々が続いている今日この頃、
皆様も御身体くれぐれもご自愛下さいませ^^。




   *健康といえば、最近、アンジェリーナ・ジョリーのニュースで
    賑わっているようですが、それに伴って見たニュースで、
    日本は乳がん検診の受診率がとても低いと知って驚きました。
    私は、前々からチョコチョコ記事にしていますが、既にシコリ(良性)が
    あるので毎年乳腺外科で定期的に検査をしています。
    実は今日、一年ぶりの検査に行ってきたのですが、新たなシコリが
    見つかって、大丈夫だろうけれど念のために、と、細胞を抜いて来ました。
    (因みに私が今いくつか抱えているシコリは、繊維の塊だそうです。)
    右上半身がだるーい今、この瞬間です。

    市のガン検診の季節でもあるようで、待合室では
    「マンモグラフィーって痛いんでしょう・・・?」
    みたいな会話で盛り上がって?いる女性陣がおりました。
    あのねー、いざシコリができて、細胞抜いてみたら、マンモの痛み
    なんて、どーーーーーーってことないから。
    せっかく、日本は各自治体でガン検診の体制って結構整っているの
    ですから、是非受けに行ってみて下さい^^。

    病院の待合室でボケーと見ていたテレビにちょうどアンジーが
    出ていて、そうだなあ、私も久々に記事に書こうかねえ・・・と
    思いまして、追記しました。
    マンモなんて、細胞診(太めの針をシコリに刺して、グリグリっと
    しながらシコリの細胞を採取します)、ましてや手術(経験あり)に
    比べたら、ホンット、どーーーーーーーーーってことないですよっ^^!
    早期発見が、何よりですもの。*

[PR]
# by X.T.C.Beat | 2013-06-03 13:53 | 音楽いろいろ | Comments(2)


代々木で「Oh!My!Goodness!」。

b0049232_9492427.jpg


久しぶりに新幹線で上京したら、東京駅がすっかり完成しておりました(遅い?)。
おおー!昨年の3月に来た時はまだまだシートがかかっていたのに・・・
綺麗ですね^^。工事していない東京駅なんて、初めて見たかも。
(なんか、昔から、通ると(特に丸の内口)ず~っと何かの工事をしていたような。)





何故、突然(じゃないんですけど)上京したかと申しますと。


S冨!!久しぶりっ。
お互い待ち合わせの改札をちょっとずつ間違えて、お互い小走りで会えたあたり、
私たちだねっ♪
会いたかったよー!!!!!!
今日は、夜通し喋っちゃおうねっ♪
(お互い徹夜が無理な年齢になってしまったので、きっと寝るけど(笑)!)




上京、S冨、一緒にお泊り・・・・・・・・・





はい!そうです。



b0049232_9533695.jpg

        1年半ぶりのこの光景に、「Oh!My!Goodness!」


初日なので(代々木に行こうと思ったら今回代々木スタートなんだもの)チケット
取れるかしら・・・と不安でしたが、無事に取れました。

しかも、2階席だったのが残念でしたが、一列目!!
通路のドまん前です。


  イノッチと健ちゃんと、手をパーン!ってできました^^。
  健ちゃんに至っては、2回もできたのですけれど、2回目に来てくれた時は
  一度通り過ぎちゃって、手を出したままで見送っていたらフ、と振り返ってくれて
  (今回ばかりは勘違いではなく本当に目が合いました!)
  「あ、ごめんごめん」って感じでわざわざ戻ってきてくれて、手をぎゅ。
  健ちゃん~!!健ちゃんの人気の理由は、この健ちゃんの溢れるばかりのファンへの
  想いなんだよね。ありがとう!「コンサートを見ている間、抱えている悩みが(すっかり)
  吹き飛んだ」よ!!本当に^^。

  リーダーは笑顔で手を振りながら行ってしまい・・・
  長野くんは溢れる笑顔で一階席を見つめ(長野くん、肌綺麗~)
  剛は鋭い視線を飛ばしながら行ってしまい・・・
  岡田は隣のブロックに時間かけすぎて私んところスルーで行ってしまいましたが・・・
  (岡田、鍛えすぎて背筋がモリっとしちゃってて、ちっちゃいダニエル・クレイグみたいに
   なったね・・・・・)

  でも、みんながすごく近くに来てくれて、この席ばかりは、勘違いじゃなく、
  何度か目も合いましたからっ(うるさい(笑)?)。




「え、オペラ座の怪人?」
(二階席の一列目に至るまでの急傾斜が「海」劇場に似てたとこも)
と思わせるような(実は「米米クラブのライブ?」ともちょっと思った)
メインステージ。

久しぶりの6人、いつもの6人、新しい6人、めちゃめちゃ喋る岡田を久々に
見ました(V6のことが大好きなんだよね、岡田くん!)、リーダーと長野くんに
言葉はいりません。


走る、踊る、はしゃぐ、一緒になる、「Oh!My!Goodness!」。


楽しいっ。
嬉しいっ。

今、ものすごく自分に元気がなくて、そんな状態になっている自分のこともすごく嫌で、
鬱々としていたのですが、ありがとうV6、こんな絶妙なタイミングで会えるなんて、
居てくれてありがとうV6(そして、S冨!)。


叫んで、歌って、いつもにもましてはしゃいで、今も声枯れしていますが、
本当に楽しかった!
(そもそもライブ自体久しぶりだし!ああ首都圏に住んでいるってことは、
 それだけで恵まれていたんだなあ(私の趣味活動にとって、ということです。
 首都圏に住んでいないとダメってことでは全くありません)・・・
 思いついたら、フイっとライブや芝居を見に行けた日々。ううう懐かしい。)




「BING♂」当たりたかったけど、あれ、すっごい嬉しい反面、ちょっとどうしていいのか
わからないよなあ~(笑)・・・
メンバーとステージで記念撮影、くらいが実は一番いいのかも(個人的感想)。
(↑この程度にありきたりなことでは、V6が満足できないのだろうけれど~)
剛にあんな歌詞のところを歌いながら見つめられて近づかれて、大好きな人に
肩を抱かれながら目を見つめられながらあんな歌歌われたら、んもう、ズキュン
でしょうけれど^^。
で、でも・・・・・・・ちょっとさらし者だよね~・・・・・・

 おめでとうございます、当たっていた方^^!
 ウチワ持ってて良かったですよね、私もずっとウチワで顔隠しちゃうと思います!
 微妙な気持ちだったかもしれないけれど、一生の思い出ですね^^。
 ビンゴォ!




いつものように、そして新しく、いろんなサービス精神が溢れ出しているステージ。
いつものように、そして新しく、カッコよくカワイくさりげなくすごく大変なダンス。
いつものように、そして新しく、歌い上げるメンバー。
いつものように、そして新しく、いろんな仕掛けが隠されている、装置さんすごいです!



ああ楽しかった・・・



都内に住んでいるのに一緒にお泊り企画を楽しんでくれたS冨と、
(コンサートの場合、1ヶ月以上前にわかりますから、何かと早割りを駆使して
 楽しみましたよ~^^。)
ホテルの近くのちょっとこじゃれたバーで夕飯を楽しみ。

「おやすみ~」と言ってから小2時間喋り続け(何を喋ってんだか(笑))。


S冨と歩く原宿、東京駅(大丸や地下街がすごく楽しくなってたー!)、久々に
物欲が湧きました(一応、衝動買いは抑えたよ!「大人Guys」できない小心者の
手の平では世界は回らないね・・・)。
買いたかったものも無事に見つけて買うことができて、なんだーかんだー言いながら
気心の知れた女友達とのなんでもないショッピングの、なんと楽しいことよ・・・
この気持ち、ちょっと忘れかけていました(T T)。
(今、そういう友達って近くにはいないので・・・)

あっという間に夕方になってしまって、ビックリ仰天しながら、「どうしてこんな大げさな
電車(新幹線)で帰らないといけないのかしら私」と不思議に思いながら、後ろ髪
ひかれつつ帰途につきました・・・。


 あんなに人が大勢いる原宿でも表参道でも渋谷でも東京駅でも、S冨のほうを
 向いて喋りながら歩いていて誰にもぶつからずなんのトラブルもなく快適に
 歩けていた(普通なんだけどね・・・)のに、ドアラの国のホームに降り立った途端
 ガツガツ人にぶつかられ、通路を塞ぐ人たちにイライラし、秩序なくバラバラな
 人混み(どうして歩く方向とか決まってないの?大きな駅なのに・・・)、
 ホームでもお店でも並べない人たち、ろくに接客できない百貨店店員・・・・・・・

 ああ、憂鬱。(「ああ、無情」風に)

 ああ、もう愚痴ってる自分が、ものすごく嫌(T T)。

 (そういえば行きの話ですが、新幹線に遅れが出てたらなんで知らせないの?
  (なんのアナウンスもなく、ただただ電光掲示板の時間がおかしかった。
   あれじゃ電車が遅れているのか掲示板がトラブっているのかもわからん!)
  聞くまで教えない&聞いたら怪訝な顔して終始「鬱陶しいな」って対応するの
  やめて欲しいんですけど・・・・・
  挙句偉そうな顔で鼻で笑いながら教えてくれたホーム間違えてたし(怒)。
  あんた、駅員でしょうがっ!!!
  東京駅の駅員さんが親切過ぎて(普通の対応だけど)涙出たって話だわ。)




玄関開けたら駆け出してきたMOJOと、ご飯作ってお風呂沸かして待っててくれた旦那
(あんた、すごいよ(T T)に癒されつつ、旦那は旦那で何かとこっちでまた嫌な目に
遭いつつ過ごしていた週末だそうで・・・

早く脱出しようっ。
カウントダウンカウントダウン(ちょっと遠いんだけど)。
 



と!
愚痴で終わってはいけません。



友達、V6、居てくれることに、逢えることに、言い尽くせないほどの感謝。
以前ほど気軽に出かけられなくなっているにしろ、大きな部分では動ける自分の
境遇にも、感謝。
何事もなく(駅で若干駅員蹴りたくなったけれど)新幹線距離を移動して、
何事にも遭遇せず無事に帰れた、そのことに、感謝。

いろんなことに、感謝!
こんなにも元気をもらえたことに、「Oh!My!Goodness!」。



頑張ろう。

ありがとう、V6!!



b0049232_11121398.jpg




  





     2年前の今日の午後、私は、坂本くんと一緒にビルの上にある劇場に
     おりました(坂本くんはステージ、私は客席(わかってるって?)。
    
     あの時の恐怖感、劇場の対応への不信感(あの劇場にはもう一生行かない)、
     何が起きたかわからない不安、普段、電話なんてかかってきたことがない
     上の姉からの着信、繋がらない電話、状況がわからないままやっと電話が 
     繋がった時の、姉の言葉「とにかく生きてるから、家族に伝えて」。
     (「とにかく生きている」という言葉の、なんと恐怖を感じる響きか。)

     引越し中だったので「???」なまま、夕方、カーラジオで聞いた混乱した
     ニュース、数日後に見た映像、家族の状態(遠い私が一番電話が繋がって、
     連絡が取り合えたことが不幸中の幸いでした)。
     翌日から始まった(当日は「何が起きたかわからない」で終わっていた)
     家族(地元)の被災生活、ちっとも報道されない茨城(あんなにひどかったのに、
     津波で持っていかれた・壊れたもの、あんなにあったのに・・・)。


     
     何よりも、遠くで見ているだけで、なにひとつ何もできない自分。
     (道路も電車も寸断されましたから、こちらに避難させたくてもできない状態でした。
      当然物も送れないし、救援物資が届かない、自宅避難(待機、なのかな)の
      茨城の状態を、ただただ呆然と見ているしかなかった自分・・・)


     「忘れないようにしよう!」とわざわざ大声で言う気持ちにはなれず、
     いちいち当日、毎年ブログにアップするという行動にも出られませんけれど。
     今年の、このタイミングでV6に会えたこと、あの時、坂本くんの歌声が
     全員の動揺を危うく支えてくれていたこと。
     それで、今年は、あえて文字に残します。


     天気が荒れている北日本・東日本。
     どうか皆が無事で、健康で、これからどんどん状態が改善され、
     笑顔がより増えますことを、心よりお祈り申し上げます。

[PR]
# by X.T.C.Beat | 2013-03-11 11:16 | V6 | Comments(2)


HAPPY BIRTHDAY!!

b0049232_13191089.jpg

            おお。東京駅が出来上がりつつある。ちょっと感動。



ええ!
新幹線に乗ってしまえば、それはそれはピューなのですよ、東京。
N700系に乗っちまったって話ですよ(たまたま)。
勿論、割引を駆使してですよ。



予定を空けて待っていてくれた親友・S冨、ありがとう!!
久しぶりに会って話せて、楽しかった、嬉しかった、たくさん笑った、スッキリした!
やっぱり、私たちったら、一ヶ月に一回は会わないとダメじゃない?(ダメって何が(笑)?)


一瞬でも顔を見に東京駅に駆けつけてくれたおだんご、感謝!
ミニおだんごがすっかりおしゃまな人見知りさんになっていて、人の子ながら感動です。
ついこないだ、オムツあげたと思ったのになあ・・・
数年なんてここまでの数十年に比べたらあっという間だよ、またゆっくり会おう!







と。
何をもってして突然(一ヶ月前から計画してましたけど)上京したかというと。













b0049232_1326445.jpg

              HAPPY BIRTHDAY、コーちゃん!!!





b0049232_13284122.jpg

船橋「月」にて、「ONE NITE STAND」
 (門井 一(vo,g)
  楠 知憲(b) 
  吉森 信(p)
  上村 秀右(vo,g)
  清水 アキオ(vo)
  小林 慶太(vo)
  新井田 耕造(ds))


with BEAT POPS
 (マダム・スガミ(vo)
  丹野 仁(g)
  ケニー(b)
  岡田 淳一郎(ds))


これって、コーちゃんの
バースデーライブでしょ^^?
(&デビュー35周年祝い)




駆けつけてきました!
久々のライブ、久々のコーちゃんの生音。感激。



久々に、コーちゃんファン仲間とも再会、テンション上がりまくりです!


popsさん、いろいろとお世話になりました、ありがとうございます!
夢どんどんかなって、すごいですね!
本当に、20年前の私たちが、こんな日が(こんなにコーちゃんと近づける日が)
来るなんて、微塵も思いませんでしたよね・・・(しみじみ)。
奥様・バンドの皆様・応援団の皆様にもくれぐれもよろしくお伝え下さい^^。


MOさん、お会いできて嬉しかった!
来られないかとガッカリしていたので、お姿発見した時は嬉しくて、狭いところに
納まっちゃってたので飛んでいけなかったけど、気持ちは飛んで行きましたよ^^!
また一緒にライブ行きましょう~!!
ちょっとしか話せなくて残念だったよ~(T T)。





b0049232_13391995.jpg

    船橋「月」、今月いっぱいで閉店されてしまうそうです。
    いろんなミュージシャンに、そして地元に愛されていたライブハウスだと
    うかがっております、残念に思う方はたくさんいらっしゃるでしょう。

    今宵は、「月お別れ会」も兼ねている感じでした。
    よそ者感満載の私がお邪魔してしまって、なんだかごめんなさい・・・・・・・





「月」を愛するいろんな方が、歌います。
(コーちゃんと吉森さんしか知らなくて、本当にごめんなさい・・・・・・・・)

気が付けば、ライブハウスは満員。酸欠状態になりつつあります。
本当に、愛される場所だったのですね。



コーちゃんのドラムは、変わらずズッシリ、腹に心に響きます。
うーん、元気バリバリ補充されている感じ!!
やっぱり、ライブはいいなあ。




今回、夜行バスで帰るという0泊2日強行軍だったので、ライブ最後まで
いられませんでした・・・・
(当初の予定ではいられる筈だったのだけれど、何やらライブの予定がどんどん
 延び・・・・・・残念~(T T)。)
コーちゃんのお誕生祝いも、一緒にはできなかったよ~あのケーキ、生で見たかった!
私もクラッカー鳴らしたかった!

バタバタ慌しく渡してきたプレゼント、帰り道捨てられていませんように・・・・・・・
(浅草出身のコーちゃんに、電気ブランをプレゼントしてみました。
 め、迷惑だったか・・・・・・・・?)




びーとさんが帰った後が盛り上がったんですよ~!と、popsさんからもMOさんからも
その後ご連絡を頂き・・・・・・
くぅ~っ私もいたかった!今度会った時、またお話聞かせて下さい^^!!







ところで、夜行バス、初めて使ってみましたが(今まで夜行バスを使う距離のところに
住んだことがなかったので・・・)新幹線の1/3の値段で移動できるのはやはり魅力。

最近のバスはいろいろ進化しているので、カーテンがシートごとについていたり、
待合室にいろいろ設備がついていたり(お化粧落とせたり着替えられたり)、
すごいです。







でも、もう、片道が限界かな~・・・・・・・・・
(体力溢れる学生時代だったら、迷わず帰省は夜行バスにすることでしょう。
 学生時代は、実際、高速バスで帰省してましたしね~)

エコノミークラスでベトナム行った感じです。
朝現地に着くので、バスで上手に眠れればとっても便利かな。



試してみないとわからない&思ってたよりは案外イケることがわかった(もっと
グデグデに疲れちゃうかと思った)ので、これも収穫でした。








盛り上がったらしいライブ後半は途中退場だったけど、一緒にお祝いできなかったけど、
でもとっても楽しい、充実した一日でした!



いろんな人に、ありがとう。
何度言っても言い足りない、ありがとう。
(勿論、快く行ってこいと背中を押してくれた旦那さまにも!)






そして、コーちゃん、おめでとうございます^^!!
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2012-03-26 14:22 | RC | Comments(2)


夏の一大イベント。

ドアラの国公演は無いし・・・


だったら、一度も行ったことがない大阪に一人でドキドキしながら
行くよりも、どうせなら慣れた代々木に。
そして親友・S冨と過ごす時間を。



と!いうわけで!

各種早割りを駆使しまくって!



b0049232_1133127.jpg






今回、アリーナの超~いい席が取れました。

V6からのご褒美に違いない(違?)。


センターステージがメインの今年、メンバーがちゃんと常に等身大に
見えたのでした・・・
すごい!


coolで大人のステージ、ダンスに磨きがかかっていました。
やっぱり、V6は、踊ってナンボだよなあ~。
なんだか、段々、
「キャー!!」
という「黄色い歓声」が似合わなくなってきている気がする(いい意味で)。




そして私が行った日、いくつか大きなトラブルが発生して(装置の)、
でも、慌てず笑顔で明るく乗り切るV6。

リーダーが健に、
「言わなきゃわからなかったのに」
って突っ込んだくらい、トラブルをトラブルと感じさせないあの力量は、
16年の賜物、仲良しV6だからこその空気。
すごいなあ、って改めて思いました。

「トラブルも楽しんじゃえ」

ってなれたのは、ガクガクに震えてたというデビューから考えたら、
リーダー、良かったね!!




そんでもって、大量に来てた(誰一人知らないけど)ジュニアって、リーダーや
長野くんの息子でもおかしくないんだろうなあ・・・・・・・・

「元気が出るテレビ」なんてきっと知らないんだよ(怖)・・・。

そうそう、岡田ってそうだったよ、そういえば。
当時、「元気が出るテレビ」って夢中で見てたよね~なんて話にS冨となり。
(今、ああいう、「毎週楽しみにする」番組がなくなってしまったのは、
 私たちの年齢のせいでは決して無いと思う。
 どうにかならないもんですかね。
 テレビ一秒もつけない日がいよいよ増えてきています。)





思いがけなく二回聴けた「SUPERNOVA」、その曲紹介の仕方、すごい昭和、
リーダー(笑)。

アンコールがあっさりで、ちょっと物足りなくも感じたけど、でもそれも
良かった。
「キャー!」が似合わなくなってきている、っていうところに通じます。

無理にサインやボールを投げなくたっていいと思うし。



V6は、本当に、あの6人でいる時の絶妙な空気感がすごく良い。
そして間違いない安心感は、あの絶対的なダンス能力があってこそ。
うん、やっぱり、コンサートは毎年やって欲しいです^^!
何時間も、ずっと笑顔でいられた。
すごく心がほんわかした。
V6を好きで、良かった。






都内に住んでいるのに付き合って一緒に泊まってくれたS冨。
喋れども喋れども話は尽きず、一泊二日じゃ全然足りません。

翌日、くるみもランチに合流してくれて、旧友との時間は何にも変えられない
貴重でホっとする大切なもの・・・
二人とも、ありがとう!!
心がやさぐれることが多かった昨今、ものすごく、心の底から「ホっ」としました。




道を歩いていて人とぶつからないことが
電車に乗る時、降りる人がみんな降りるまで普通に待つことが
信号が赤になれば立ち止まることが
7人がけの椅子にはちゃんと7人座っていることが
どんなに広い駅でも、丁寧に丁寧に表示がしてあって、迷うことは無いことが

(↑こういうことが今、当たり前ではないおかげで心がやさぐれるわけですが。)


こんなに安心できることだったなんて。
離れてみないとわからない「貴重なこと」はたくさんあります。



信州に移動した時もさんざん「不便だ不便だ」って文句言ってしまいましたが、今となっては
信州でいいから(って失礼な言い分ですが・・・)戻りたい・・・・・・・・・・
ここは、引っ越してきただけで車の保険料が上がるような国なんだよ(有り得ない)・・・・・・






とりあえず、台風とぶつからなくて良かった!!!

とっても濃くて、とっても楽しくて、とっても心が落ち着いた二日間でした。




ありがとう、V6。

ありがとう、友達。









夏の一大イベントが終わってしまったなあ。
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2011-09-01 12:03 | V6 | Comments(2)


RCは、やっぱり、すげぇ。

よくお邪魔している、RCサクセションファン(そして清志郎・チャボファン)
の間では有名なのではないかな?と思われる、RCファンの方が書かれている
ブログがあります。



その方のブログの、RC関連の記事を拝読すると、いっつも
改めてRCを聴きたくなってしまう!



と、いうわけで、今流れているのは、「BEAT POPS」。

b0049232_934258.jpg
アルバムの名前に
反して、重くて
暗いナンバーも多く、
ファンの間では
賛否両論らしいですが
私は結構好きです。

確かに、暗く重い印象は
否めないけれど、最後の
チャボの
「ハイウェイのお月様」
が、ふ、っと安心させて
くれたり・・・・




高校生の頃、寝る前に「ハイウェイのお月様」聴きながら夜空見るのが
好きだったなあ~(う~ん、「思春期のエピソード」だなあ~)。



*コーちゃんファン仲間のpopsさんは、このアルバムからご自分の
 バンドの名前をつけられたとか・・・^^。
 このアルバムに限らないけれど、私達に影響大、ですよね、やっぱ!*




「エリーゼのために」っていう曲の最後に、

♪あ~の娘の好きな~~♪

っていろんなミュージシャンの名前を歌っていくところがあって、
途中に、

♪あ~の娘の嫌いな仲井戸麗市♪
 「なんでだコノヤロー!」(チャボ)



というくだりがあって、こういう遊びがすごい好きだった。
だった、じゃなくて、すごい好き。


(話ちょっとずれますが、DUBと清志郎が組んだアルバム
 「DANGER」「DANGERⅡ」は、こういう遊び心が
 あふれかえっていて、最初に聴いた時は衝撃的だった&
 すっごい心に刺さりました!

 「おれは有名」
 の、
 
 ♪菊池は無名♪ 

 ♪梅津はそのスジではまあ有名♪

 ♪早川?知らねーな、そんなヤツ♪
  「黙って聞いてりゃなんてこと・・・バカヤロふざけんじゃねぇ」(早川さん)

 ♪片山?ああ・・・・・あのデブだろ♪


 とか・・・・・(♪あてにならないよね~♪のコーラスも)。
 これ、ほんの一例です。

 DUBったら、すんごいジャズ?バンドですから、それで清志郎が
 組んでるわけですから、本当にほんのほんの一例で、勿論、全部が
 すごい&すごくイイのです!
 遊び心の面だけじゃなくて、他の、全部全部が、イイ!

 「夕陽に赤いカバ」をイメージして絵描いたりしたなあ~(懐)。)
 




私は、いっつも書いてるけど、RCファンとしては生まれるのがちょっと
遅くて、もう、それが本当に悔しくて悔しくて・・・

私が実際、RCサクセションのライブに行けたのは、一度だけ。
高校生の時、「covers」の後の「HARD TIMES LIVE」だけ。
すっごくすっごくすっごくかっこよくて、やっとやっと憧れのRCを
生で見られて、聴けて、もう、どうしていいのかわからなかった。

田舎だったから、ファンクラブに入っていたわけでもないのに、
前から4列目くらいの席が取れて、で、もう、もう、ブっ飛んでた。
(チケット発売初日に電話かけまくり、の、あの取り方です。
 懐かしいねえ~今の高校生はああいうことしないんだろうなあ・・・)




清志郎のすごいオーラを出してるかっこよさ。
チャボの渋いかっこよさ。
(そして二人の、あのからみ。一つのスタンドマイクで二人で歌う、アレですよ。)
リンコさんの、いぶし銀みたいなかっこよさ。
G2の、奇抜な不思議な空気のかっこよさ。
そして大好きな、コーちゃんの、ひっそりと後ろにいるのにものすごい
存在感の、あのかっこよさ!

金子マリちゃんのコーラスのかっこよさ。


Blue Day Honesがいないことが哀しくて哀しくて。
(片山さんだけいたけれど、それがまた切なくて・・・・・
 勿論、片山さんのサックスはいつも通りかっこよかったのだけれど。
 
 この、「HARD TIMES LIVE」のちょっと前に、これまた初めての
 梅津さんのライブに行っていて、その時、梅津さんから
 「RC辞めちゃったんですよ」
 って聞いてすごいショックだったんだよなあ・・・・・

 「高校生になったらライブに行っていい」
 という家だったので、高校生の時って一気にいろんな「初ライブ」を
 経験してます。田舎にいるのがもどかしかった。)




もっともっと、学園祭ライブとか、あの伝説の久保講堂とか、行きたかった!
あと10年早く生まれたかった。

それでも、RCと出逢えて、とっても幸せだし、たくさんの影響を
受けています。


中学・高校生の頃って、妙にトンガってる部分があったから(今思うと
微笑ましいし恥ずかしいけれど)、そういうところにハマってきたのもあるし、
そして今、いい年になって聴けば違う意味が見えてきて、新たな影響を受けたり。




私にとってのRCサクセションと、RCをきっかけに好きになった
ミュージシャン(梅津さんとかね)の話って、し始めたらキリがなくて
まとまらないです。
もう、私にとって、私の中に「あって当たり前」のものだから。


(因みに、DUBのライブは、大人になってから
 「一年に一度のDUB復活」
 というライブに行きました。思えばあれが新宿ピットインデビューだったかも?
 梅津さんの「大仕事」の一環だったと思います。

 ああ~もう、DUBのライブだって、本当はリアルタイムでもっと
 行きたかったんだっ!!)




と、いうわけで、やっぱり、いいかげん長々とダラダラとしてきてますが、
要するに、冒頭で紹介したブログの方もおっしゃっている通り、結局のところ
この一言。





「RC、すげぇ。」





そしてありがとう、RC。


ああカッコイイ!
[PR]
# by X.T.C.Beat | 2010-11-17 10:24 | RC | Comments(2)

    

なんでもない日々たまに愚痴。
by X.T.C.Beat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30