道化師の涙


ダイヤモンドが輝いてる夜の夢

「ROCKIN'ON JAPAN」特別号は、あっという間に売り切れになってしまったそうで
(ツバッキーさん、連絡ありがとうございました!)、重版を予約して待っている
ところです(ちゃんと前もってチェックして初版予約しろという話ですが・・・)。



清志郎のこと、もうブログでは語らない・・・なんて(勝手に)思っていたけど、告別式から
一ヶ月、モヤモヤと揺れ動いていた気持ちがやっとなんとなく落ち着いてきて・・・。

やっと復活祭のライブDVDをまた見られるようにもなって・・・。


昔買った雑誌(「ロッキング・オン」とか「パチパチ・ロックンロール」とか)や、清志郎関係の本
(「10年ゴム消し」とか「GOTTA!忌野清志郎」とか)も再読できるようになって・・・。

RCファンの人のブログとかにも行けるようになって(読んでるだけですけれど・・・)。




来週発売になる「Oh!RADIO」、カップリングのほう(プライベート・セッションの「激しい雨」)
が楽しみで、こっちがメインでも良かったんじゃないか、と思ったくらい。
(*でも、これって、多分、「RCファン」の気持ちだろうから、「清志郎ファン」だとまた
   違うのかもしれません。それはそれぞれなので、それぞれでいいと思います。

   勿論、「RCファンだけど違う」「清志郎ファンだけど違う」っていうのもあるだろうし・・・
   あくまで私個人の感想です。*)




私は、やっぱり、RCサクセションが好きだったから、

「『COVERS』なんかやらなければ良かったのに」

って今でも思うし(出た当時も思った。でも「COVERS」きっかけでRCを聴いた人も多いので
複雑ですね・・・)、「反戦メッセージ」とか、そういうので騒がれて変にメジャーになって、
妙にゲストをたくさん呼んでみたり(RCはRCだけで十分だったのに(と当時思った))、
RCのメンバーは多分、そういうのが嫌っていうのもあって段々いなくなってしまって、
無期限休止状態になって・・・・・
(*↑これ、私の個人的推測ですから違うかもしれないし、
 他にも色々複雑な事情がからんでいたと思います。
 チャボやG2あたりは当時煮詰まってたみたいですしね、
 コーちゃんの脱退はその後のアルバム(「Baby a GO GO」)
 でもいろいろありましたし・・・

 とにかく、「COVERS」の騒ぎは、周りの騒ぎ方がすごく嫌だった。*)



気がついたら清志郎が「GOD」になって・・・・・

そういうの、なんか不思議だった。
(でも、CDとしての「GOD」のライブツアーはすごく良かったです。
 以前書いたので詳細は割愛しますが、ナイスミドルが良かったし、何よりブルーディ
 ホーンズの復活がすごくすごく嬉しかった。)



清志郎は、RCは、自分のことを、恋人のことを、家族のことを、仲間のことを歌ってて、
「なんかに対するメッセージ」とかって大げさに語られるようなんじゃなくて、でもそれは
不思議といつの時代のどの年代の人の心にも刺さる歌で、自然と「メッセージ」に
なっていて・・・・・・・・・・





いろんなことがあって無期限休止状態になったんだろうRCサクセション、休止状態になって
10年以上が過ぎて・・・

ある時、突然、野音の夏のライブに、チャボとコーちゃんが出ることになってた。


それはもう、興奮しました。
そのまま、RC復活するんじゃないか、なんて思いました。
夢中でチケット取りました。



その直後の、清志郎のガン発覚・・・・・





そして、「完全復活祭」で2年越しに実現した、チャボとコーちゃんがいるステージ。


「OK!チャボ!」
「OK!コーちゃん!!」


なんて楽しそうな清志郎。
なんて楽しそうなチャボ。

なんて楽しそうなコーちゃん。


なんて楽しそうな梅津さん、なんて楽しそうな片山さん。


(*ナイスミドルのメンバーも、ニューブルーディホーンズの渡辺さんも、勿論、
  とってもとっても楽しそうでした*)




そうだ、やっぱり清志郎は、RCサクセションがやりたいんだ、って、勝手に確信しました。
だって、なんて笑顔。
なんて楽しそうな、嬉しそうなステージ。


真相は、今となってはわからないけれど・・・・・・。




ガンが再発して、療養生活に入って・・・・・・
絶対治るってその時は思ってたから、きっと、次の復活祭はRCに違いない、なんて
勝手に想像してた。
リンコさんも、G2も呼び戻して・・・・・・
(多分に希望的推測だけれども、でもやっぱりRCにはリンコさんがいないと!)



まさか、その後、清志郎が不在のロックン・ロールショーに行くことになろうなんて、
考えてもなかった・・・・・・。









プライベート・セッションの「激しい雨」をカップリングにして発表することは、ご遺族の
意向だということです。

石井さんのRCへの思いいれは、私なんかが何か言うことなんてできないくらい
強いものだろうし、石井さんは、やっぱり、「RCファン」なんだろうと思う。
(勝手なこと言ってます、一ファンのたわごとなので、たわごととして聞いて(読んで)
 下さるようお願い致します。)




もしかしたら、リンコさんにも、G2にも、声をかけてたのかもしれない・・・
清志郎は、メンバーは、RCをもう一度やりたかったのかもしれない・・・

今となってはわからないけれど。

でも、この仮定は、RCファンへの何よりの、「RCは復活したのかもしれない」という、
希望っていうと軽い感じになっちゃうけど、なんていうか、大切な贈り物。





私は、これからもコーちゃんのライブに行くし、梅津さんのライブにも行くし、チャンスが
あればチャボや三宅伸ちゃんのライブにも行くでしょう。



RCサクセションのライブがもう無いことが、とてもとても切なくて哀しいけれど。


でも、RCは復活したのかもしれない。
無期限休止状態が終わりに近づいていたのかもしれない。





良かった。



良かった、って、思う。






何度でも、夢は見させてもらえるのです。



何度でも。
[PR]
by X.T.C.Beat | 2009-06-10 13:00 | RC | Comments(2)
Commented by ツバッキー at 2009-06-10 21:29 x
ROCKIN'ON JAPANでは、
いろんな時代いろんな時の清志郎のロングインタビューがあるので
(もちろん渋谷さんのインタビュー)
COVERSのときのこととか色々読めるよ。
政治的思想とか背景なんて実際すっごいもんは持ってなかったみたいだけど(笑) 当時宝島ではよく、そういう発言をしてたの思い出す。
ただ、RCのメンバーがいなくなっていったのは
COVERSのせいだけではないと思うよ。
色々複雑ななにかがあったみたいで、当時のインタビューを
今読むと、うーん。そうかーと思うし、チャボさんのインタビューでも
そうかー・・・と思ったり。

Oh!RADIOは買うつもり♪
もともとは802のユニットの曲だし・・なんか清志郎も
これがソロとして世に出されるつもりはなかっただろーなーって気持ちもあるのよね(^_^;) すごくいい曲だし、802記念ライブで
RAJIOSOUL(あのユニット)でないメンバーがみんなで歌ってるの見ても、いいなー・・と思いました。
「みんなでうたう」ことを念頭にした曲なんだな、と思う。
清志郎の声のも好きだけど(だから買うんだけど)
これを最後に・・・と思うとものすごくせつない。
Commented by X.T.C.Beat at 2009-06-10 21:52
♪ツバッキーさん、ROCKIN'ON JAPAN、届くの楽しみです^^。
 COVERSの時はリアルタイムで随分いろんなところでいろんな記事(インタビューも)
 を読みました・・・RCにものすごい思想とか背景があったんでなくて、変に周りが
 騒いでるのがすごく嫌だった思い出があるなあ。
 RCのメンバーが抜けてったのは、勿論COVERSだけのせいではないですよ~。
 とにかく、ファンの間では複雑なアルバムでした・・・(全員ではなくて、そんなことないって
 ファンの人も勿論たくさんいるでしょうけれど)。
 複雑なことは、あの頃いろいろありましたねー・・・・・だからこそ、この数年で、
 もしかしたら複雑な色々を乗り越えて、RCを復活させたかったのかも・・・
 と思って(勝手にだけど)・・・・・。

 「OH!RADIO」は、清志郎は自分の歌声では世に出すつもり、なかった
 でしょうね・・・買わないつもりだったんだけど、カップリングがこうきたら
 買わないわけには^^!!

 新譜がもう出ない、ということはとても淋しくて切ないです。ライブが無いことも・・・。

<< サイコーに贅沢な夜。      報道陣がたくさん来てて何事かと... >>

なんでもない日々たまに愚痴。
by X.T.C.Beat
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30