道化師の涙


RCは、やっぱり、すげぇ。

よくお邪魔している、RCサクセションファン(そして清志郎・チャボファン)
の間では有名なのではないかな?と思われる、RCファンの方が書かれている
ブログがあります。



その方のブログの、RC関連の記事を拝読すると、いっつも
改めてRCを聴きたくなってしまう!



と、いうわけで、今流れているのは、「BEAT POPS」。

b0049232_934258.jpg
アルバムの名前に
反して、重くて
暗いナンバーも多く、
ファンの間では
賛否両論らしいですが
私は結構好きです。

確かに、暗く重い印象は
否めないけれど、最後の
チャボの
「ハイウェイのお月様」
が、ふ、っと安心させて
くれたり・・・・




高校生の頃、寝る前に「ハイウェイのお月様」聴きながら夜空見るのが
好きだったなあ~(う~ん、「思春期のエピソード」だなあ~)。



*コーちゃんファン仲間のpopsさんは、このアルバムからご自分の
 バンドの名前をつけられたとか・・・^^。
 このアルバムに限らないけれど、私達に影響大、ですよね、やっぱ!*




「エリーゼのために」っていう曲の最後に、

♪あ~の娘の好きな~~♪

っていろんなミュージシャンの名前を歌っていくところがあって、
途中に、

♪あ~の娘の嫌いな仲井戸麗市♪
 「なんでだコノヤロー!」(チャボ)



というくだりがあって、こういう遊びがすごい好きだった。
だった、じゃなくて、すごい好き。


(話ちょっとずれますが、DUBと清志郎が組んだアルバム
 「DANGER」「DANGERⅡ」は、こういう遊び心が
 あふれかえっていて、最初に聴いた時は衝撃的だった&
 すっごい心に刺さりました!

 「おれは有名」
 の、
 
 ♪菊池は無名♪ 

 ♪梅津はそのスジではまあ有名♪

 ♪早川?知らねーな、そんなヤツ♪
  「黙って聞いてりゃなんてこと・・・バカヤロふざけんじゃねぇ」(早川さん)

 ♪片山?ああ・・・・・あのデブだろ♪


 とか・・・・・(♪あてにならないよね~♪のコーラスも)。
 これ、ほんの一例です。

 DUBったら、すんごいジャズ?バンドですから、それで清志郎が
 組んでるわけですから、本当にほんのほんの一例で、勿論、全部が
 すごい&すごくイイのです!
 遊び心の面だけじゃなくて、他の、全部全部が、イイ!

 「夕陽に赤いカバ」をイメージして絵描いたりしたなあ~(懐)。)
 




私は、いっつも書いてるけど、RCファンとしては生まれるのがちょっと
遅くて、もう、それが本当に悔しくて悔しくて・・・

私が実際、RCサクセションのライブに行けたのは、一度だけ。
高校生の時、「covers」の後の「HARD TIMES LIVE」だけ。
すっごくすっごくすっごくかっこよくて、やっとやっと憧れのRCを
生で見られて、聴けて、もう、どうしていいのかわからなかった。

田舎だったから、ファンクラブに入っていたわけでもないのに、
前から4列目くらいの席が取れて、で、もう、もう、ブっ飛んでた。
(チケット発売初日に電話かけまくり、の、あの取り方です。
 懐かしいねえ~今の高校生はああいうことしないんだろうなあ・・・)




清志郎のすごいオーラを出してるかっこよさ。
チャボの渋いかっこよさ。
(そして二人の、あのからみ。一つのスタンドマイクで二人で歌う、アレですよ。)
リンコさんの、いぶし銀みたいなかっこよさ。
G2の、奇抜な不思議な空気のかっこよさ。
そして大好きな、コーちゃんの、ひっそりと後ろにいるのにものすごい
存在感の、あのかっこよさ!

金子マリちゃんのコーラスのかっこよさ。


Blue Day Honesがいないことが哀しくて哀しくて。
(片山さんだけいたけれど、それがまた切なくて・・・・・
 勿論、片山さんのサックスはいつも通りかっこよかったのだけれど。
 
 この、「HARD TIMES LIVE」のちょっと前に、これまた初めての
 梅津さんのライブに行っていて、その時、梅津さんから
 「RC辞めちゃったんですよ」
 って聞いてすごいショックだったんだよなあ・・・・・

 「高校生になったらライブに行っていい」
 という家だったので、高校生の時って一気にいろんな「初ライブ」を
 経験してます。田舎にいるのがもどかしかった。)




もっともっと、学園祭ライブとか、あの伝説の久保講堂とか、行きたかった!
あと10年早く生まれたかった。

それでも、RCと出逢えて、とっても幸せだし、たくさんの影響を
受けています。


中学・高校生の頃って、妙にトンガってる部分があったから(今思うと
微笑ましいし恥ずかしいけれど)、そういうところにハマってきたのもあるし、
そして今、いい年になって聴けば違う意味が見えてきて、新たな影響を受けたり。




私にとってのRCサクセションと、RCをきっかけに好きになった
ミュージシャン(梅津さんとかね)の話って、し始めたらキリがなくて
まとまらないです。
もう、私にとって、私の中に「あって当たり前」のものだから。


(因みに、DUBのライブは、大人になってから
 「一年に一度のDUB復活」
 というライブに行きました。思えばあれが新宿ピットインデビューだったかも?
 梅津さんの「大仕事」の一環だったと思います。

 ああ~もう、DUBのライブだって、本当はリアルタイムでもっと
 行きたかったんだっ!!)




と、いうわけで、やっぱり、いいかげん長々とダラダラとしてきてますが、
要するに、冒頭で紹介したブログの方もおっしゃっている通り、結局のところ
この一言。





「RC、すげぇ。」





そしてありがとう、RC。


ああカッコイイ!
[PR]
by X.T.C.Beat | 2010-11-17 10:24 | RC | Comments(2)
Commented by eriarie at 2010-11-17 10:50
「RCは、やっぱり、すげぇ。」・・・のタイトルが知的だね^^。
Commented by X.T.C.Beat at 2010-11-17 11:06
♪eriarieさん、本当ですか?知的??それはありがとうございます^^。

 これ、冒頭に書いたブログの方の、
 「RC、すげぇ。」
 というまとめを応用させて頂きました。
 だって、その一言なんだもん。ホント^^!

<< 夏の一大イベント。      READY!! >>

なんでもない日々たまに愚痴。
by X.T.C.Beat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30