道化師の涙


カテゴリ:映画( 2 )



もう聞けないおじいちゃんの昔話。

「フラガール」を観て来ました(←遅!!)。


私のじいちゃんは、2人とも炭鉱で働いていた人。
一人は、常磐炭鉱で働いていました。
(常磐炭鉱というのは、北茨城~福島県いわき市(福島南部)にまたがっていて、
 私のじいちゃんは北茨城側にいたので、「常磐ハワイアンセンター」立ち上げには
 おそらく関わっていないでしょう。
 生きていたら100歳越えているので、年齢的にも関わっていないだろうが・・・・・)


ああー「常磐ハワイアンセンター」ってこんなだったよ~(小さい頃よく行った)。
流れるプールが画期的でさあ~。
冬でも入れるプールが画期的でさあ~。
プールの横にあるおばけ屋敷が妙に怖くてさあ~。
(映画ではそんな細かいところ流れないけど。外観見てたちまち懐かしくなった。)



東京で雑貨屋を営んでいたのに、東京大空襲で一家疎開することになって、炭鉱に
勤めたというじいちゃん。
いつの日からか毎日毎晩酒を飲むようになり、若くして亡くなってしまったじいちゃん。

優しくて、寡黙で、ほとんど昔話というのをすることがなかったじいちゃん。
私がものごころついた時は既にご隠居さんだったおじいちゃん(こちらは90過ぎまで
長生きしてくれた)。


今思えば、もっとじいちゃん達に昔話を聞けば良かったなあー・・・・・・・
(じいちゃんが、話したくなかったのかもしれないけれど。)
炭鉱が閉山になる頃、ハワイアンセンターができる頃、じいちゃんはどんな渦中に
いたんだろう。



松雪がどう、とか、しずちゃんがこう、とか、そういうのより、なんか↑こういう感慨に
ふけってしまって、妙な感動をしましたよ。
おぼろげな気持ちで、なんだかうまく文字にできないのだけれど。

訛りも、北茨城といわき辺りはほぼ変わらないので、ふるさとに帰ったようでした。
(旦那は、「字幕が欲しい・・・」と言っていました(笑)。
 驚いた時とかに「なんだっぺ、なんだっぺ」って言ってるシーンを見て、「びーとと
 一緒だ・・・」とも言っていました・・・・・・。)



私の年でこんなことを思うのだから、親が
「懐かしかった!良かった!」
と絶賛していたのも納得というものです。
(聞いたら、親も炭鉱時代の生活はほとんど覚えていないそうですが。
 いわき側にいたら母ちゃんフラガールになってたかもよ・・・・・・・・・?
 父は銀行員だったので、それなりにハワイアンセンターにも関わっていたらしい。)






私のじいちゃん、トヨエツだったかも(違)。
[PR]
by X.T.C.Beat | 2007-02-05 11:40 | 映画 | Comments(4)


静かに圧倒されました。

「太陽」という映画を観てきました。






イッセー尾形は、すごい。
[PR]
by X.T.C.Beat | 2007-01-22 12:20 | 映画 | Comments(8)

    

なんでもない日々たまに愚痴。
by X.T.C.Beat
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30